Motor Bikers information

ライダーの皆さんを応援します!免許取得からバイクの購入や保険について。

ヤマハが「XSR900」を発売。コンセプトは”The Performance Retro-ster”

   

XSR900/マットグレーメタリック3(マットグレー)

ヤマハ発動機は“Neo Retro”の世界を提唱する「XSR900」を発表しました。”The Performance Retro-ster”をコンセプトに開発された、レトロな外観と先進技術によるパフォーマンスを合わせもつネイキッドモデルです。

ヤマハ創業60周年記念カラーの「XSR900 60th Anniversary」も同時に発売されます。

車体カラーは通常モデルがマットグレーとブルー、60周年記念モデルがイエローです。

どちらも発売日は2016年4月15日ですが、XSR900 60th Anniversaryは2016年9月末日までの受注期間限定モデルです。

XSR900:マットグレーメタリック3(マットグレー)

XSR900:マットグレーメタリック3(マットグレー)

XSR900i

XSR900j

以下、リリースより

ヤマハ発動機、“Neo Retro”ロードスポーツ「XSR900」と「XSR900」60th Anniversaryを発売

ヤマハ発動機株式会社は、水冷直列3気筒エンジンをアルミ製フレームに搭載し、“Neo Retro”(※1)の世界を提唱する新製品「XSR900」および、当社創業60周年記念カラーの「XSR900」60th Anniversaryを2016年4月15日より発売します。「XSR900」60th Anniversaryは、2016年2月23日から2016年9月末日までの受注期間限定モデルで期間内における予約受注分を販売いたします。予約窓口は全国の「ヤマハスポーツバイク取扱店」です。

「XSR900」は、<“The Performance Retro-ster”>をコンセプトに開発、味わいのあるレトロな外観と先進技術によるパフォーマンスを合わせもつモデルとなっています。現行「MT-09」に搭載の水冷直列3気筒エンジンにTCS(トラクションコントロールシステム)やA&S(アシスト&スリッパー)クラッチなどを装備し、高次元なファン・エキサイトメントの走りを提供します。ボディは、オーセンティックなイメージを強調するCMFG(※2)デザインを織り込み、多彩な加工法による金属の素材感で表現しました。

 

また、ABSを標準装備しています。

 ※1 “Neo Retro”;「スーパースポーツ」「ネイキッド」といった従来のカテゴリーを超え、レトロな外観やその背景の物語性を秘めながらも、先進技術に基づくエキサイティングな走りを楽しめるモデルのカテゴリー。
 ※2 CMFG;カラー、マテリアル、フィニッシュ、グラフィックの略称。

・名称:「XSR900」
   ・マットグレーメタリック3(マットグレー)
   ・グレーイッシュブルーメタリック4(ブルー)
 ・発売日:2016年4月15日
 ・メーカー希望小売価格:1,042,200円(本体価格 965,000円/消費税 77,200円)
 ・販売計画:1,000台(年間、国内)

・名称:「XSR900」60th Anniversary
   ・ライトレディッシュイエローソリッド1(イエロー)
 ・発売日:2016年4月15日
 ・メーカー希望小売価格:1,074,600円(本体価格 995,000円/消費税 79,600円)
 ・販売計画:1,000台(年間、国内)
 ※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。

XSR900:グレーイッシュブルーメタリック4(ブルー)

XSR900:グレーイッシュブルーメタリック4(ブルー)

XSR900c

主な特徴

1)走行モードを選べる軽量3気筒エンジン

“クロスプレーンコンセプト”に基づく845cm3の水冷直列3気筒・DOHC・4バルブエンジンを搭載しています。コンパクトな燃焼室により素早い燃焼を図り、優れた出力・トルク特性を引き出します。YCC-T(電子制御スロットル)やメッキシリンダー、アルミ鍛造ピストン、1次偶力バランサー、FS(破断分割)コンロッドなどを投入、走行状況や好みに応じてエンジン特性を3種から選べるYAMAHA D-MODE(走行モード切替システム)も採用しています。

2)TCS(トラクションコントロールシステム)

発進・加速時に良好なトラクションをもたらすTCS を搭載しました。発進・加速時に後輪のスピン兆候が検知されると、(1)点火時期、(2)燃料噴射量、(3)スロットル開度(YCC-T)を統合制御することで滑らかな走行性を支援します。制御の強さは「1(弱)」「2(強)」「OFF」から選択できます。

3)レバー操作荷重も低減するA&Sクラッチ

A&S(アシスト&スリッパー)クラッチを採用しました。減速時の穏やかな車体挙動、軽いクラッチ操作荷重により市街地での軽快な走りに貢献しています。クラッチ操作荷重は「MT-09」比約20%低減しました。

XSR900-AandS

4)オーセンティックな印象を強調するCMFG デザイン

ボディにはCMFG デザインを積極的に織り込みました。タンクカバーとリアフェンダーにはアルミプレス材、サイドカバーパネルとメーターブラケットには5mm厚アルミプレス材、前フェンダーブラケットとライトステーにはアルミ製ダイキャスト、タンク懸架ステーは鍛造アルミ材を採用。金属が持つ素材感を強調しながら、シンプルなシルエットの中に独自の世界観を伝えています。

5)手仕上げによるアルミ製タンクカバー

マットグレー車のアルミ製タンクカバーは、手作業によるバフ掛け後、マットクリアー塗装による「ヘアラインマット仕上げ」と呼ぶクリア塗装を施しました。バフ掛けの方向や粗さは製品毎に少しずつ異なる“オンリーワン”となっています。ブルー車のタンクカバーは、このバフ掛け部分をマスキングで残して側面を塗装。マスキングで残ったヘアライン部をグラフィックの一部に見立てることで、往年のグラフィックをオマージュしました。シートはレザーの風合いを伝える新色「バーガンディ」(ワイン色)としました。

6)「XSR900」60th Anniversaryの仕様(受注生産)

「XSR900 」60th Anniversaryは、標準モデルの仕様のまま、(1)“スピードブロック”グラフィックを織り込んだアルミ製タンクカバー、(2)ゴールド仕上げのフォークアウターチューブ、(3)ブラック塗装のヘッドランプケース、(4)イエローのコイル採用リアサスペンション、(5)専用エンブレムなどを採用しています。

「XSR900」60th Anniversary

「XSR900」60th Anniversary

XSR900h

XSR900e

XSR900f

主要諸元

xsr900spec

 

バイクを高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がSR400を一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみた所、一番高い会社と一番低い会社の差が18万2000円にもなりました。

バイク比較ドットコムは最大6社から一括査定が受けられます。申込は1分で終わるのですぐに高額査定の会社が分かります。

>>バイク比較ドットコムの一括査定

一括査定できるバイク買取会社

バイク比較ドットコム

貴方にとって一番良いバイク保険は?

私がバイク保険を見直そうと一括見積りをした所、同じ保障内容で保険料が35,400円⇒29,050円と6,350円も安くなりました。

保険の窓口インズウェブでは、最大5社の一括見積もりが受けられ、見積もりは無料で申込は5分ほどで終わります。

>>インズウェブバイク保険見積りサービス

一括見積もりできる保険会社
バイク保険を見直してみる

 - ニュース

sponsored link

sponsored link

sponsored link

sponsored link

  関連記事

クリーブランドサイクルワークス「FX110」を発売

クリーブランドサイクルワークスは、”JUMP BIKE” …

ヤマハ「XSR900」のPVが公開中!日米でこんなに違うんですね

ヤマハ発動機が発表した「XSR900」のプロモーションムービーがYOUTUBEで …

ホンダが新型の「アフリカツイン(CRF1000L Africa Twin)」を発売

ホンダがアドベンチャーモデルの「CRF1000L アフリカツイン」の発売を発表し …

オージーケーカブトがストリートジェット「FOLK Snap-on」を新発売

オージーケーカブトが、工具ブランド「Snap-on(スナップオン)」とのコラボモ …

スズキが東京モーターショー2015の出展概要を発表

スズキは、2015年10月30日から東京ビッグサイトで開催される東京モーターショ …

「WR250R」「WR250X」の2016年モデルを9/10発売

ヤマハ発動機より、4スト250トレールの「WR250R」とモタード仕様の「WR2 …

スズキ「スカイウェイブ650LX」をマイナーチェンジして発売

スズキはビッグスクーターのフラッグシップモデル「スカイウェイブ650LX」をマイ …

ドゥカティ「モンスター1200R」の新型モデルを発表

ドゥカティジャパンは、「ネイキッド・スーパースポーツ」と位置づける新型Monst …

RSタイチ「e-HEATインナー」の2015-16モデルを発売

RSタイチが「e-HEAT」の新たなインナー(2015-2016モデル)を発売し …

カワサキ「Ninja250」のKawasaki Racing Teamカラー限定車を発売

カワサキモータースジャパンは、Kawasaki Racing Teamのジョナサ …