Motor Bikers information

ライダーの皆さんを応援します!免許取得からバイクの購入や保険について。

ホンダ「CBR1000RR」と「CBR1000RR SP」の新しいカラーリングを発表

      2015/11/28

ホンダは、CBR1000RRのカラーバリエーションの追加と、CBR1000RR SPのカラーリング変更を発表しました。
発売日はCBR1000RRは2015年11月27日、CBR1000RR SPは2015年12月11日です。

CBR1000RR SP(ロスホワイト)

CBR1000RR-white1

CBR1000RR-white2

CBR1000RR SPはスポーツ性を高めた一人乗り専用設計のモデルで、受注生産車となっています。開発のキーワードは”The Edge of CBR”。オーリンズ社製のサスペンションやブレンボ社製フロントブレーキキャリパーを採用し、電子制御式コンバインドABSを標準装備しています。また、車両重量も1kg軽くなっています。

CBR1000RR

CBR1000RR ABS (ロスホワイト)
CBR1000RR-abs3

CBR1000RR (マットバリスティックブラックメタリック)
CBR1000RR-black

CBR1000RR(パールグレアホワイト)
CBR1000RR-white

以下リリースより

Hondaは、大型スーパースポーツモデル「CBR1000RR」のカラーバリエーションを変更し、マットバリスティックブラックメタリック、パールグレアホワイトは11月27日(金)に、ロスホワイトを12月11日(金)に発売します。また、「CBR1000RR SP」※1はカラーリングを変更し、12月11日(金)に発売します。

CBR1000RRのカラーバリエーションは、新たに精悍なイメージのマットバリスティックブラックメタリックを採用。「トリコロール」イメージのロスホワイトは車体側面にデザインされたストライプの色調を一部変更し、ゴールドのラインを追加。さらに、ウインドスクリーン下部に施されたカラーリングの色調を変更するとともに、アンダーカウルをレッドとすることで、上質感とスポーティーなイメージを一段と強調しています。そのほか、継続色となるパールグレアホワイトを合わせ、全3色のバリエーションとしています。CBR1000RRは、スーパースポーツモデル用として世界で初めて※2電子制御式「コンバインドABS」を搭載したABS仕様車もタイプ設定しています。

CBR1000RR SPは、トリコロールイメージのロスホワイトのカラーリングを変更。車体側面のストライプにゴールドのラインを追加し、アンダーカウルをレッドとしたほか、ホイールに施されたピンストライプのデザインを変更することで、よりアグレッシブなカラーリングとしています。CBR1000RR SPは、“The Edge of CBR”を開発のキーワードに、スポーツライディングの楽しみを追求した一人乗り専用設計のモデルで、オーリンズ社製の前・後サスペンション、ブレンボ社製フロントブレーキキャリパーを採用しています。また、車体の挙動をより感じられる専用シートや軽量化したシートレールなど、各部を特別な仕様としています。なお、電子制御式コンバインドABSを標準装備しています。
※1CBR1000RR SPは受注生産車
※2Honda調べ

■販売計画台数(国内・年間)/シリーズ合計 400台
■メーカー希望小売価格(消費税8%込み)/
 CBR1000RR マットバリスティックブラックメタリック、パールグレアホワイト:1,468,800円(消費税抜き本体価格 1,360,000円)
 CBR1000RR ロスホワイト:1,501,200円(消費税抜き本体価格 1,390,000円)
 CBR1000RR ロスホワイト:1,674,000円(消費税抜き本体価格 1,550,000円)
 CBR1000RR SP ロスホワイト:2,030,400円(消費税抜き本体価格 1,880,000円)
*価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

主要スペック

通称名 CBR1000RR CBR1000RR SP
車名・型式 ホンダ・EBL-SC59
全長×全幅×全高(mm) 2,075×720×1,135
軸距(mm) 1,410
最低地上高(mm) 130
シート高(mm) 820
車両重量(kg) 202〔212〕 〔211〕
乗車定員(人) 2 1
燃料消費率※3
(km/L)
国土交通省届出値
定地燃費値
25.1(60km/h定地走行テスト値)
<2名乗車時>
26.1(60km/h定地走行テスト値)
<1名乗車時>
WMTCモード値
(クラス)
17.3(クラス3-2)※4 <1名乗車時>
最小回転半径(m) 3.3
エンジン型式・種類 SC59E・水冷 4ストローク DOHC 4バルブ 4気筒
総排気量(cm3 999
内径×行程(mm) 76.0×55.1
圧縮比 12.3
最高出力(kW[PS]/rpm) 91[123]/9,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 97[9.9]/8,500
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-DSFI)>
使用燃料種類 無鉛プレミアムガソリン
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 17
クラッチ形式 湿式多板ダイヤフラムスプリング式
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1 速 2.285
2 速 1.777
3 速 1.500
4 速 1.333
5 速 1.214
6 速 1.137
減速比(1次/2次) 1.717/2.625
キャスター角(度)/トレール量(mm) 23°30´/96
タイヤ 120/70ZR17M/C(58W)
190/50ZR17M/C(73W)
ブレーキ形式 油圧式ダブルディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式
(倒立タイプ/ビッグ・ピストン・フロントフォーク)
テレスコピック式
(倒立タイプ/NIX30)
スイングアーム式
(ユニットプロリンク/バランス・フリー・リアクッション)
スイングアーム式
(ユニットプロリンク/TTX36)
フレーム形式 ダイヤモンド

 

バイクを高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がSR400を一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみた所、一番高い会社と一番低い会社の差が18万2000円にもなりました。

バイク比較ドットコムは最大6社から一括査定が受けられます。申込は1分で終わるのですぐに高額査定の会社が分かります。

>>バイク比較ドットコムの一括査定

一括査定できるバイク買取会社

バイク比較ドットコム

貴方にとって一番良いバイク保険は?

私がバイク保険を見直そうと一括見積りをした所、同じ保障内容で保険料が35,400円⇒29,050円と6,350円も安くなりました。

保険の窓口インズウェブでは、最大5社の一括見積もりが受けられ、見積もりは無料で申込は5分ほどで終わります。

>>インズウェブバイク保険見積りサービス

一括見積もりできる保険会社
バイク保険を見直してみる

 - ニュース

sponsored link

sponsored link

sponsored link

sponsored link

  関連記事

RSタイチ「e-HEATインナー」の2015-16モデルを発売

RSタイチが「e-HEAT」の新たなインナー(2015-2016モデル)を発売し …

ホンダ「EV-Cub Concept」と「Super Cub Concept」

ホンダが東京モーターショー2015の出展概要として発表した「EV-Cub Con …

ヤマハ「XSR900」のPVが公開中!日米でこんなに違うんですね

ヤマハ発動機が発表した「XSR900」のプロモーションムービーがYOUTUBEで …

ヤマハ「YZ450FX」エンデューロ競技用車両を新発売

ヤマハは、モトクロス競技車両のYZ450FXをベースとしたエンデューロ競技用車両 …

ヤマハ60周年記念モデル「マジェスティS 60th Anniversary」を発表

ヤマハ発動機の創業60周年記念モデルとして、マジェスティS 60th Anniv …

ハーレーが「ローライダーS」をラインアップ、ツインカム110エンジン搭載

ハーレーダビッドソンはSシリーズクルーザーの「ローライダーS」を発表しました。2 …

カワサキ「Z125 PRO」を4月15日に発売

カワサキは、ネイキッドモデルの「Z125 PRO」を2016年4月15日に発売し …

ヤマハが「XSR900」を発売。コンセプトは”The Performance Retro-ster”

ヤマハ発動機は“Neo Retro”の世界を提唱する「XSR900」を発表しまし …

バイク保険サービスのインズウェブが1000円分の図書カードプレゼントキャンペーン中

インズウェブバイク保険見積りサービスが一括見積で1000円分の図書カードが当たる …

ドゥカティ「モンスター1200R」の新型モデルを発表

ドゥカティジャパンは、「ネイキッド・スーパースポーツ」と位置づける新型Monst …